肌のタイプにあった朝洗顔

洗顔

洗顔を行なうことは日ごろのスキンケアの中でもとても重要なことになります。洗顔を行っていないと皮脂や毛穴の汚れなどが十分に落ちることが出来ずに、様々な肌トラブルを招いてしまいますでしょう。そういった中で、朝の洗顔も日課にしている女性は多くいると思います。その中でも朝は洗顔料を使用して洗う人とぬるま湯や水だけで洗う人がいるでしょう。朝の肌にとってどのような洗顔方法が良いのか見てみましょう。
人は、睡眠しているときでもコップ1杯程度の汗をかいてしまいます。その汗と皮脂が混ざってしまうと皮脂膜になり肌を覆ってしまいます。この皮脂膜は肌を守るバリア機能も持っているため、余分に取りすぎてしまうにはあまり肌のためには良くなりません。ですが、古い皮脂汚れを肌に残してしまうことも、肌にとって良くないことだと言われています。皮脂はその名の通り、油となっています。ウォータープルーフのメイクが水などでは音にくいように、この皮脂も水やぬるま湯のみでの洗顔では落としきれません。こめかみや鼻、顎などは特に皮脂が多く分泌する箇所になっているので、朝でも洗顔料を使用して洗顔を行なった方が良いと言えます。しかしながら、頬や目元などは皮脂の分泌が少ない箇所になっているので、そこは水で流す程度で良いでしょう。もし頬や目元も同じく洗顔料を使用したら乾燥がひどくなってしまう場合もあります。また、乾燥肌の人やもともと皮脂の分泌が少ない人などは、洗顔料が必要ないこともあります。逆に脂性肌の人は全体的に洗顔料を使用してしっかりと洗顔したほうが良いでしょう。一番は自分の肌のタイプをしっかりと見極めて、それにあった方法で朝のケアを行なうことです。